24x30 inch
Ultra Large Format Camera
On Wheels.
制作と撮影 プログラム

今、プロジェクトで使っているカメラは8x10インチ フォーマットです。約 20x 25 cm ですが、カロタイプは現代のデジタルや近代写真の様に自由に拡大ができません。撮影で得た原版すなわち紙のネガと同じサイズの密着プリントです。
カロタイプは暗室で紙に感光剤を湿布しそれがまだ濡れているうちに撮影しなければなりません。それに加えて感度が低いので撮影時間が10〜20分もかかってしまいます。大きなフォトグラフを作流場合は何枚も繋がねばなりません。6コマの作品では2時間ほど必要で、好条件の被写体のみに限られてしまいます。
​これが大きなカメラが必要な理由です。
vernal equnox.jpg

Huge Calotype Camera 
On Wheels

cameraonwheels.jpg
​カメラの寸法はおよそ1メートル角で最長使用時は1.7メートルになります。重さは60kgと簡単に持ち運ぶことが出来ないので、細い路地や山野で、小回りの効く小型トラックに架装しての撮影です。
ufl camera.jpg
grand glass.jpg
     原寸模型